HOME > PET検査とは?
PET検査とは?

PET検査のしくみ

PETとは、陽電子放射断層撮影(Positron EmissionTomography)の略称で、ブドウ糖を多量に摂取するがん細胞の特性を利用する検査です。CTやMRIなどが臓器の形から異常を見つけるのに対し、PETは細胞の活動の様子から異常を発見します。検査方法は、ブドウ糖によく似たFDGという検査薬剤を体内に注射し、全身に行き渡らせます。がんはブドウ糖を取り込むという性質があるため、FDGの集まり具合をPETカメラで画像化することで、がんの有無や位置、大きさを調べることができます。

PET検査のしくみ

①がん細胞は正常細胞に比べて、たくさんのブドウ糖を取り入れる特性があります。
②ブドウ糖に似た成分に放射性物質を組み合わせた薬剤(FDG)を注射します。
③PETカメラで撮影するとがん細胞のある箇所が光って映し出されます。

PET/CT

PETの優れているところ

PET検査には大きなメリットがあります。まず、全身を一度に撮影するので、「がん」の転移や再発を検索するのに役立ちます。また、着衣のまま横になるだけですから苦痛がほとんどありません。CTやMRIが病巣の形状を検査するのに対し、PETは病巣の機能を検査します。良悪性の鑑別や、「がん」の悪性度・進展度を測ることができます。

 
PETの優れている点
良悪性の区別
一度に全身を撮像
着衣のまま検査
ほぼ苦痛がない
女性検診のような恥ずかしさがない
 
PET健診をお薦めする方
家族にがんの経験者がいる方
喫煙者または以前喫煙していた方
人間ドックや健康診断で要検査と言われた方
がん治療(手術など)前後の方
がんの再発が心配な方

PET治療前写真

治療前の画像

矢印で指し示している部分が腫瘍(癌)です。

PET治療後写真

治療後の画像

腫瘍(癌)がきれいになくなっています。

PET/CT検査の限界

PET/CT検査も万能ではありません。以下のケースで、偽陰性や偽陽性が発生することがあります。

 
偽陰性になりやすい場合
腫瘍径が1cm以下
細胞内にFDGを留まりにくくする酵素の存在(原発性肝癌等)
高血糖状態(糖尿病)
細胞成分が少ない腫瘍(胃印環細胞癌等)
尿路に接している部位(腎癌 膀胱癌 前立腺癌等)
悪性度の低い腫瘍(肺高分化腺癌等)
 
偽陽性になりやすい場合
炎症(結核、サルコイドーシス、膿瘍等)
良性腫瘍(子宮筋腫等)
腸管蠕動亢進 大腸ポリープ
排卵期卵巣 授乳中乳腺
褐色脂肪(寒冷期)
 
PETの弱点
腫瘍径が5mm以下の場合
細胞密度の低いがん
悪性度の低いがん
尿路系消化器官・粘膜のがん
糖尿病の方、検査時の血糖値が高い方

小さな乳がんを見つけるための
マンモPET

マンモPET(Elmammo)とは、乳房撮影に特化したPET装置です。
乳がん撮影に特化することで、より解像度を高め、より小さな組織を調べることができます。
寝台にうつ伏せになり乳房をホールにセットするだけでOKです。痛みがなく検査を心地よく行えます。
マンモPETの詳細(Elmammo 島津製作所ウェブサイト)

マンモPET

マンモPETの優れているところ

乳房に特化したPET装置であり、
従来の検査では見つけることの難しかったごく小さな乳がんを見つけることができます。

マンモPET

50歳女性[マンモPET健診例]
非浸潤性乳管癌(右)
毎年マンモグラフィー・超音波で乳がん健診を受けていたが
異常は指摘されなかった。
マンモPETで
小さな乳がんが発見された。

高濃度乳腺もカバー

近年問題となっている、“高濃度乳腺”.特に若い女性に多く、
マンモグラフィーでのがん発見が難しいタイプの乳房です。
マンモPETは乳腺の濃度にかかわらず、的確に乳がんを
見つけることができます。

マンモPET

40歳女性[保険診療例]
右浸潤性乳管癌(右)
高濃度乳腺のため、マンモグラフィー(左写真)では不明瞭。
マンモPET(右写真)では腫瘍のまわりの小さながん病変も
明瞭に描出されている。

短い撮影時間

マンモPETの撮影時間は片方5分、
両乳房で約10分です。
薬剤投与後の待機時間を含めると、
ご来院からお帰りまでは約2時間です。

マンモPET検査
の限界

マンモPET検査も万能ではありません。すべての部位を見つけられるわけではありません。
PET検査の特性上、以下の場合や部位は、発見・判定が困難であるといわれています。

 
マンモPETの弱点
腫瘍径が5mm以下の場合
細胞密度の低いがん
悪性度の低いがん
糖尿病の方、検査時の血糖値が高い方

ご予約

pagetop